視界を良くしてくれる自動車のガラスコーティング

自動車のガラスコーティングとは、窓ガラスに特殊な液剤を用いてコーティングを行うことをいいます。車にはフロントガラス、サイドガラス、リアガラスのように、視界を確保するための窓がいくつも設けられています。これらの窓は走行中は雨やホコリ等にさらされるため、定期的に掃除をしないかぎり汚れてしまいます。窓が汚れるとギラツキなども発生して見えにくくなります。

これは自動車事故にもつながり大変危険です。コーティングをしておくことでこうした汚れがつきにくくなるのを防ぎ、快適な運転を楽しめるようになります。自動車のガラスコーティングをするには、大きく分けて自分で行う方法と業者に依頼する方法とがあります。自分で行うには、カー用品店などで専用のケミカルを購入してきます。

ガラスを水で洗いきれいにしたなら、乾燥後にそのケミカルを塗布します。使い方は製品によって異なりますが、簡単にコーティングの効果を実感できます。弱点としては効果の低いものもあることです。もう一つの業者に依頼する方法では、ガラスコーティング専門店を利用して施工してもらいます。

こちらもガラスに行う作業としては自分で行った場合と変わりありませんが、より専門的な液剤や機材を用いて塗布するので強い効果が期待できます。特に塗布後の耐用期間が長いのが特徴で、洗車や雨などの後でも持続してくれます。プロの方が施工するため、仕上がりがきれいになるのもメリットです。自分では上手く作業できないというのであれば、業者に依頼すると良いでしょう。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.