バイクの中古車を買う際の費用。

中古車でバイクを探している場合、支払う総額が気になります。お店やホームページ等に展示されているバイクの値段は多くの場合は車体のみの価格であり、その他様々な費用がかかりますので注意が必要です。どんなものがあるかというと、諸費用と税金、保険代金等です。諸費用には登録代行手数料があり、マシンの登録手続きをお店が代行した時に発生する費用で、住んでいる地域や陸運局、役所までの距離により金額が変わってきます。

125cc以下のバイクは各役所で、それ以上の排気量のマシンは陸運局で登録するので、排気量によって金額が異なります。また諸費用には納車整備手数料があります。お店は購入されたマシンが安全に走行出来るように、納車前に基本的な整備をするので、その際に必要な費用です。どこまでの整備をするかはお店によって変わりますが、主にオイル交換、バッテリー充電、グリスアップ、各部の動作チェック等があげられます。

次は保険代金ですが、強制保険と呼ばれる自賠責保険で、バイクに乗る場合の加入が義務付けられています。保険料は排気量別で分けられていて、契約期間が長ければ長いほど割引率が大きくなります。加入する年数により金額が変わるので注意が必要です。次は税金ですが、重量税は新規登録時と車検時にかかる税金であり、126cc以上のマシンを持っている人に納税義務が生じます。

126cc以上250ccまでのマシンは新車購入時、251cc以上のマシンは新車購入時と2年ごとの車検時に納める必要があります。ですので、車検が残っている中古車なら購入時にはかかりません。この他にも車検が切れているマシンなら新たに車検をうけないといけないのでその費用が必要ですし、タイヤ等の消耗品を交換するなら、その代金と工賃がかかる場合があります。これらのように乗り出すまでにかかる費用には色々ありますので、これらも考慮したうえで中古車購入を検討しましょう。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.