メーター改造の中古車バイクは要注意

これから中古車バイクの購入を検討しているのであれば走行距離などのメーターがカスタムされていないかもしっかりチェックしておきましょう。自動車やオートバイのメーターにも色々な種類がありますがオドメーターと呼ばれる走行距離を示すメーターとスピードメーターと呼ばれる車体の速度を示すもの、この二つの種類は確実に装着されています。構造も様々ですが、主に電気式と機械式の二種類があり機械式のメーターは比較的簡単に取り外しできます。特に中古車バイクなどは自動車と違いこういったカスタムパーツも豊富なのですが、もしもこれから購入を検討している車両のメーターがカスタムされていたら注意しなければなりません。

メーターが交換されているため正確な走行距離がわからないからです。もちろん、走行距離が長いからといって状態が悪い車両ということではありませんが、車両の状態を判断する大きな判断材料が一つ欠けてしまうからです。また、年式や型式のわりに極端に走行距離が少ない中古車バイクも気をつけなければなりません。この場合は走行距離を隠すためにわざとカスタムメーターを取り付けている可能性があるからです。

店舗側からすれば走行距離が長いバイクはどうしても買い手がつかないので回転効率を悪くする厄介者。こういった車両を早く販売しできるようにあえてメーターをカスタムし、走行距離を隠してしまう悪質な店舗もありますので、これから中古車バイクの購入をお考えであればこういった点も注意しましょう。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.