中古車の状態を見極めよう

中古車には当たり外れがあると言われています。外れを引いてしまうのは避けたいものですが、その為にも状態をよく見極めてから購入しなければいけません。状態の良し悪しを判断する方法ですが、まず修復歴があるのかどうかを確認してみる必要があります。修復歴とは骨格となるフレームにダメージを負ってしまった車の事ですが、骨格にダメージを受けている場合、走行などに影響を与えてしまう事があるのです。

例えばハンドルから手を離した時に真っ直ぐに走らなかったりする事もありますので、修復歴があるようなら要注意と言えます。修復歴があってもきちんと直されている中古車もありますが、中には修理が甘いケースもあるようです。そのような車を見抜く方法としては、ドアやボンネットなどの隙間をチェックしてみると良いでしょう。通常なら均一の隙間ができているはずですが、きちんと直されていない場合、歪みがある事によって部分的に隙間が狭かったり、反対に開き過ぎになっている事があるのです。

もちろん納得した上で購入する分には問題は無いのですが、ちゃんとした中古車が欲しい時には避けた方が良いでしょう。実際に乗ってみて違和感が無いかを確認する事も大切です。例えばアクセルを踏んだ時の反応が悪かったりする事もあるようですので、試乗を行いチェックする必要があります。その他にもエアコンがきちんと動作するのか、ワイパーの動きは正常かなどなど、細かくチェックしてみる事をおすすめします。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.