中古車と新古車の違い

自動車は購入する時期などによって厳密に言えば、新車、中古車、新古車に分けることが可能です。新車は運輸支局や軽自動車検査協会などで登録を最初に行った時で、中古車はそれ以降に名義等が変わったり、あるいはいったん一時抹消登録を行っていたものを、中古車新規登録を再度行ったものであり、新古車は新車で登録をしたものの使用せずに管理だけしていたような場合に便宜上分けて使用しているような状況になっています。新古車という言い方は運輸支局等の行政機関では定義があいまいなこともあってまず使用しません。新車か中古車だけです。

ではなぜあえて新古車という呼び方があるのかですが、これは売る側の思惑が絡んでいます。つまり自動車販売業者の考え方如何です。新車ではありませんから新車としての販売はできません。つまり売値を安くしないと売れないわけです。

そもそもこの新古車が発生する理由ですが、新車で購入しようと思った際の手違いが挙げられます。特に多いのが車体の色です。この色を間違えて発注したりして、結果的に納品の時に色が違うという話になると、当然ですが購入者側は話が違うということになります。結果的にその製造された自動車が納得、妥協して納品されればいいのですが、通常はそういった話にはまずならずに、納品を断られ改めて当初の色のものに変更をせざるを得なくなるわけです。

結果的に最初に製造、販売しようとした自動車が余りますので、売らないわけにはいきませんから、新古車として格安で販売していこうという流れになるということです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.