自走式立体駐車場のメリットと種類

立体駐車場にはいくつかの種類がありますが、大きく分けると機械式と自走式に分けられます。機械式は自動車を駐車する際に機器類を操作して運転することなく駐車スペースに入れますが、自走式は駐車スペースに入れるまでドライバー自ら運転する必要があるタイプの駐車場です。同じスペースの場合は機械式のほうが車の動線が要らない分、駐車台数を確保できますが、入出庫の際に手間がかかったり、ヒューマンエラーが発生して大事故につながる危険性があるため、自走式立体駐車場が注目されています。自走式立体駐車場のメリットは、平面駐車場のように自分の好きな場所に車を止めることができ、さらに屋根があるので紫外線や雨風から車を守ることができる点にあります。

自走式立体駐車場は3つのタイプに分けられます。まず一つがフラットタイプで、各階に駐車スペースが置かれ、専用のスロープで各階をつないでいます。シンプルな造りのため、敷地の形状に合わせて設計することが可能で、上りと下りのスロープを分けるなどしてスムーズな動線を確保することができるので、入出庫の頻度が高い駐車場に向いています。スキップタイプは各階の駐車スペースが半階ずつ段違いになっていて、敷地に段差や傾斜がある場所にも設置しやすいのが利点です。

このスキップタイプは駐車場全体の見通しが良く、駐車スペースを見つけやすいのがメリットです。連続傾床タイプは、らせん状のスロープの周囲に駐車スペースを設けるタイプの立体駐車場で、運転がしやすく、他のタイプよりも駐車台数を確保できるメリットがあります。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.