街で見かける自走式立体駐車場にはこんなメリットが

普段の生活の中で、ショッピングモールやスーパーマーケットなど、様々な商業施設に設置されていることが多いのが自走式立体駐車場です。自走式立体駐車場の特徴は、車の運転者が目的の階まで自分自身で車を運転して駐車するということです。2階建て以上の複数の階層で構成されており階の移動はスロープを使って行うもので、平面駐車場と比べて格段に車の収容率が上がることが最大の魅力と言えます。自走式立体駐車場はその構造から上の階の床面部分が下の階の屋根となるため、悪天候時や日差しの強いときにも天候に左右されずに利用できるため、利用者にとっても大きなメリットとなります。

土地の狭い場所で駐車場を確保するときに採用される機械式駐車場は、車の出し入れが面倒で時間がかかり、場合によっては入出庫の操作による待ち時間がかなり長くなる場合もあります。そして荷物の出し入れをする際にも自走式立体駐車場の場合は、自分で荷物を運んで車に直接積み込むこともできるため、買い物などに利用する際の使い勝手は機械式に比べて格段に良いと言えます。狭い土地を最大限に活用するために抜群の収容率を誇る機械式駐車場は設備投資にも高額な費用が発生することになりますが、収容台数で比較した建設などにかかるコストは自走式立体駐車場のほうがはるかに負担が少なくて済むことから、郊外型の大規模商業施設などではとくにそのメリット生かして多くの施設で採用されています。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.