自走式立体駐車場のメリット

自走式立体駐車場とはドライバーが自らの車を運転し、駐車するタイプの駐車場です。スロープを使って階を移動することになりますが、利便性が高いのでさまざまな施設で採用されています。自走式立体駐車場にはフラットタイプとスキップタイプ、連続傾床タイプという3つの種類があります。フラットタイプは自走式立体駐車場の中でもシンプルなタイプであり、よく見かけるでしょう。

駐車スペースと専用のスロープが連結しており、見通しが良く車の位置が分かりやすいことが特徴です。また、床が平坦なのでベビーカーや車椅子の移動にも便利です。スキップタイプは駐車階を半階ずつずらしたタイプであり、スロープ自体を短くすることができます。そのため初心者でも移動しやすいですし、狭い敷地にも対応できるというメリットがあります。

一定方向に巡廻しながら駐車スペースを探すことができますし、空いている場所を見つけやすいでしょう。こちらも床が平坦なのでベビーカーや車椅子の移動がしやすいですし、狭い土地を有効活用できることも特徴です。連続傾床タイプは床全体が緩やかならせん状になっているタイプです。スロープに駐車スペースが面しており、一周することで階層が上がります。

そのためスムーズに空きスペースを見つられることや、他のタイプより駐車台数が多いといったメリットがあります。駐車台数が多いため、コストパフォーマンスにも優れています。安く駐車したいならこのタイプの駐車場を選びましょう。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.