自走式立体駐車場の特徴

自走式立体駐車場は車を運転している人が入庫から駐車、出庫まで自身で行うスタイルの立体駐車場です。立体駐車場は複数の階建てパーキングスペースを持つ駐車場で、入庫後、空いている駐車スペースを見つけて駐車することができます。立体駐車場は主には下の階から車が止まっていく傾向があり、ある階が満車であっても、別の階が開いている場合はそのスペースに注射することができるようになっています。自走式立体駐車場はドライバーが自由に駐車スペースを選択して駐車できることが多いといえますが、時に警備スタッフなどが常駐しておりその指示に基づいて駐車させることもあります。

自走式立体駐車場を導入しているショッピングセンターなどは、ゴールデンウイークなど、利用者が多い時期などには警備スタッフなどが配置されていることも多いです。このような駐車場は駐車する人にとっても停めやすく、十分な駐車スペースなどが設けられていることが多いので活用されやすいといえます。このように、自走式の立体駐車場はドライバーが自身で運転して入庫から出庫まで可能になっているタイプの立体駐車場で、ドライバーは空きスペースを見つけて好きな場所に駐車させることができるといったメリットがあります。また、出庫なども課金なども考え合わせて、好きなタイミングで行うことができます。

このように、自走式の立体駐車場はドライバーが自身で駐車したり出庫したりできるパーキングです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.