自走式立体駐車場の特徴とメリット

自走式立体駐車場はドライバーが自分で自らの車を運転し、駐車するタイプの立体駐車場を指します。2階建て以上の階層で構成されており、スロープを使用して階を移動する特徴があり、利便性が高いことから様々な施設で採用されています。自走式立体駐車場のメリットは複数あり、例えば機会式立体駐車場と比較しても自動車の出し入れが容易であること、入出庫の操作による待ち時間が最小限ですむことや、屋上部分以外は屋根があるので直射日光や雨風から自動車を守ることができること、平面駐車場と比べて収容率に優れていることが挙げられます。自走式立体駐車場は基本上階の床が下階の屋根となる構造になっているので、夏の日差しが強い時や雨や雪が降っている場合でも問題なく利用することができます。

外壁について一定以上の開口率を取るように法律で定められているため、開放性が高く津波の被害を受けにくいことから、災害時の避難所としても近年は使用される機会が増えてきています。断層を増やせば収容率をアップすることができますし、限られた敷地を有効に活用することが出来ることも日本の立地に適している駐車場です。自走式立体駐車場の収容台数はある程度の広い敷地が必要となるので、多くの場合施設の上階を利用して大規模駐車場を運営する場合に適しています。ただ誰でも入り込むことができる環境なので、イタズラや車上荒らし等に遭う可能性がゼロではない注意点がありますが、定期的に見回りをする管理人を雇ったり防犯カメラを設置する工夫が必要となります。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.