自走式立体駐車場は3つの種類があります

ドライバーが、目的階まで運転する立体駐車場を自走式立体駐車場と呼びます。平面駐車場とは異なり立体的で多層化されている立体駐車場の一つですが、機械式とは異なり自走式立体駐車場では機械を使わないため故障によるトラブルやメンテナンスが不要になるなどの特徴があります。自走式立体駐車場は、フラット式・スキップ式・連続傾床式の3タイプがあるのが特徴で、それぞれ駐車のしやすさおよび駐車面積の広さなどの違いがあるのが特徴です。フラット式は、駐車場の各階がスロープで連結されているタイプ、自走式立体駐車場の中では最もシンプルな構造を持ちます。

フラット式では、上に向かう車および駐車しようとしている車の導線をわけることが可能になるので安全面においても優れた特性を持つ、見通しの良い駐車場にできるしスムーズな駐車ができる、そして床面が平面になっているため高齢者や車いすを利用している人などにも優しい設計といえましょう。スキップ式は、駐車スペースになる階を半階分をずらしているのが特徴で、メリットとしてそれぞれのスロープを短くできるので走行しやすい点が挙げられます。さらに、スキップ式は見通しが利くことからも一定方向に循環できるなどからも空きスペースを見つけることが容易にできる点もメリットの一つです。連続傾床式は、昇降スロープを兼ねている緩やかな勾配を持つ立体駐車場です。

急カーブや急勾配などがないことやスロープが要らないので駐車面積を広く作れるメリットがあります。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.