自走式立体駐車場は津波に強い

自走式立体駐車場とは、大型商業施設などに併設されている立体駐車場のことですが、エレベータに乗せて駐車する機械式とは異なり、自分でスロープをあがって駐車するタイプのものを言います。屋上階以外は屋根があるので、雨の日や炎天下の日にはとても便利です。多くの人は一度は利用したことがあるのではないでしょうか。ところで、この自走式立体駐車場が、災害時の避難所として利用されることがあるのをご存知でしょうか。

特に、大地震が来たときの津波に対して有効な避難所となります。というのは頑丈に作られており、開放性が高いために波が押し寄せても通り抜けていくために、被害を受けにくい構造となっているからです。東日本大震災では、この津波の恐ろしさを知りました。やがてそれを上回る南海トラフ地震が来ると言われています。

そのことを考えると、いざというときに自走式立体駐車場に逃げ込めば良いということを覚えておくとよいでしょう。ただ、3~4階以上の高さがないと、逆に波にさらわれてしまう可能性があるので注意が必要です。自走式立体駐車場は余分な壁を取り除き、太い柱だけで支えてる構造になっています。壁が無い分がコストを抑えることができ、津波などの防ぐ効果も期待できるわけですが、ブレーキとアクセルを間違えて転落してしまう事故が時々発生しているので注意が必要です。

事故を防ぐためにも、中央にクルマを止めるようにすると安心です。雨や直射日光を避けるという点でも有利です。自走式立体駐車場のことならこちら

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.