自走式立体駐車場にすることの大きなメリット

近年日本でもアメリカのように郊外型の大型スーパーマーケットがどんどん建設されてきています。それには理由があります。郊外に大型スーパーマーケットを建設することによって、多くの人々にお車を利用してやってきてもらい、そこでまとまって大量の買い物をしてもらうのが狙いです。地球の裏側にあるアメリカでは、この郊外型のスーパーマーケットは大ヒットしています。

例えばハワイのような土地が比較的狭い場所でも、郊外型のスーパーマーケットは大好評です。ホノルルのあるオアフ島でも、そのことは全く変わりません。オアフ島中心部には郊外型のスーパーマーケットがたくさんあります。日本はアメリカに比べると土地の面積が極めて狭いです。

そのために限られた狭い土地の中で、効率的な駐車場運営をする必要があります。最近では、郊外型のスーパーマーケットなどで自走式立体駐車場を採用するところが増えてきています。自走式立体駐車場を採用することのメリットはとても大きいということができます。都心にある機械式立体駐車場に比べて、自動車の出し入れがスムーズにできるという点があります。

そのために車を駐車場に出し入れする際の手間がかからないという大きなメリットがあります。自走式立体駐車場では、屋上部を除いて屋根がついているのが当たり前ですから、直射日光や風雨から大切な自動車を守ることができます。自走式立体駐車場の一番大きなメリットは何と言っても平面駐車場に比べて、お車の収容率が優れているという点ではないでしょうか。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.