自作PCのポイント、PCケース

自作PCとはパソコンの部品をそれぞれ購入して、組み立てたパソコンのことです。

パソコンの種類としては、大手メーカーが製造しているものと、パソコン・パーツをそれぞれ個別に購入してお店が組み立てて販売するBTOがありますが、自作PCはBTOで行われていることを自身で行うことや、または自身が指定したパーツで組み上げてもらうものを指します。メリットとしては、メーカーやBTOでは大量生産するためにスペックが決まっていることで、自作であれば自由にパーツを組み合わせることができるので、望むスペックのパソコンを作り上げることができるということで、特に性能にこだわる人に向いています。

自作PCはその中身が重要視されますが、ケースも自由に選べるのも他にないところです。ケースの種類としては、一般的にはミドルタワーやミニタワーが使われます。省スペースとしたい場合にはキューブ型といったものが選ばれますが、高性能のパソコンではたいていは排熱が問題となるため大きめのケース、フルタワーの方が効率的です。

また極端な話では、ケースはあくまでもパソコンの部品を外部から守るだけの役割しか果たしていませんから、絶縁と埃対策さえしておけば不要なものともいえます。またユーザーの中には自作する人もおり、外観がまったくオリジナルのパソコンを作り上げる人もいるものです。PCケースを購入するさいにはパソコンに求めるものを考慮して選ぶことが大切ですが、値段によって加工精度が変わってくるので注意が要ります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *