通気性のあるケースを自作PCでは利用しよう

自作PCでは、ケース内に熱がこもり過ぎないように気を付けなくてはいけません。

PCに利用されるパーツには、ものすごく高熱なパーツが利用されていることがあります。元々、計算を司るCPUそのものが大きな熱を持っていますのでファンを回しながら使わないと熱暴走をしてしまう可能性があります。実際に、熱への対策ができていないとCPU周りから火花が散って火災の原因になってしまいますので、気を付けなくてはいけません。ケース内の熱は、ファンを回すことによってケース外部に逃がすように設計されています。

しかし、スペースが狭いとその換気が上手くできなくなってしまって換気口から熱い熱風が出ていってしまうことがあります。こうなっているときには、本当に気を付けなくてはいけません。PCパーツは、熱に最も弱いという側面がありますので、高熱に長時間晒されてしまうとそれだけで故障の原因となります。実際に、自作PCで最も多い故障の原因がこれですので作っていく過程で一度ファンを回して本当に外に風が出ていっているのかを確認しなくてはいけません。

また、自作PCではグラフィックボードを利用することもありますがグラフィックボードはPCパーツの中でも最も熱が大きくなるものです。場合によっては、より冷却機能を大きくするためのパーツを取り入れなくてはいけません。特に、ハイエンドのパーツになるほどケース内の熱もこもる傾向がありますので、必ずその対策を考えることです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *