初心者でも簡単にできる!自作PCの魅力

自作PCは、外見も中身も自分の必要なものだけを集めて作ることができるので自由度がとても高くなります。

自分で作るのは難しいと思われそうですが、初心者でも必要なパーツをはめ込んでいくだけなので、簡単な作業のみで組み立てられます。自作PCでは、まず必要なパーツを集めなければなりません。OSやソフトウェアもないので、初心者でも購入してインストールまでを全部自分で行うことになります。また組み立て時に必要なケーブルや工具、静電気の発生を防ぐグッズも揃えておきましょう。基本的に必要なパーツはいくつかあり、中でもPCケースはフルタワーやミニタワーなど様々なサイズがあります。大きさによって内蔵できるパーツの種類が決まってしまい外見もケースによって左右されるので、ケース選びは重要なポイントです。

初心者は大きいサイズであれば作業しやすいですし、パーツも入るものが多いので便利でしょう。自作PCにはCPUが不可欠です。PCにとって頭脳といえるもので、CPUの性能が良いほど動きも軽くなります。CPUが決まったら、CPUからの命令を伝達するためのマザーボードを選びましょう。メインメモリ選びも重要です。メインメモリはCPUのデータを一時的に置いておくためのスペースなので、メモリが小さいと性能の良いCPUであっても、それを活かしきることができません。次にストレージを決めますが、代表的なものはHDDとSSDです。

HDDは比較的安価で手に入りますがデータの読み込みなどが遅く、SSDは高価ですが起動やデータの読み込みが早くなります。どちらか一つでもよいですが、併用して用途によって使い分ける方法もあります。OSなどのソフトウェアをインストールするために、CDやDVDを読み込める光学ドライブも必要ですが、USB接続ができれば外付けで使えるので特に問題はありません。電源も十分な電力を供給できるものを選びましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *