初心者が自作PCを始めるためには

パソコンは昭和50年代から60年代にかけてはマイコンとも呼ばれていましたが、現在ではこの名称やPCとも呼称されています。

インターネットが普及する以前から、オフィスや家庭や学校で、文書作成や財務会計などに活用されています。ビジネスでは、音楽やグラフィックの作成など、クリエーターにとっても欠かすことのできない存在です。黎明期には国内のメーカーが独自企画の製品を開発と販売していましたが、国際的な規格に収束してからは、部品の価格競争によってコストダウンが実現しています。一部のマニアは自作PCとして、さまざまなパーツを選りすぐって自分だけのマシンを作ることを楽しんでいましたが、専門的な知識のない初心者には敷居の高い領域でした。

大手のメーカーはBTO形式のカスタマイズができる上に安価なパソコンを販売し、初心者は自作PCでなくこれらの製品の購入をしています。自作PCの実現にはマザーボードと呼ばれる基幹部品に、人間の脳に相当するCPUや一時的なデーター保存をするメモリーや、恒久的に保存をするハードディスクなどの部品が必要です。こうしたパーツは日進月歩で開発と販売がなされているので、旧規格では接続できない事例もありますが、基本的には、一部のパーツの交換で性能アップを図ることができるのが自作PCに魅力です。

一部の部品同士には相性と呼ばれる正常に機能しない組み合わせが存在し、マニアを悩ませていますが、インターネット上のサイトにはこうした相性に関する情報が掲載されているので、購入はしたものの機能せずに無駄になってしまったということは少なくなりました。また、これから自作してみようと思っている初心者向けのサイトもあるので、有効な情報源となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *